フリーランスとしてプログラマーの仕事をしていると、企業に勤めている時と違って細かい仕事も多いですよね。
そのため、フリーランスになってから「戸惑うことが多い」という方も多いのではないでしょうか。
フリーランスになれば、今まで一切行ってこなかった仕事なども増えることになりますから、それらの仕事に追われてしまっている方も多いかもしれませんね。

フリーランスになってから忙しくなってしまった原因のひとつ、仕事範囲についてここでは説明をします。
IT関係の専門職で企業に勤めていた方は、自分の仕事以外、全ての処理は担当者が行ってくれていたと思います。
例えば、保険などの手続き、お給料の計算といったことは、経理の方などが全て行ってくれましたよね。
しかし、フリーランスとなれば、これらの保険の手続き、お金の管理なども自分で行っていくことが必要となります。
慣れないお金の管理というと、「処理に、時間がかかってしまう」という方も多いでしょう。
「税理士などに依頼したいけれど、依頼するとお金がかかってしまうから」と、自分で管理をはじめている方も多いと思います。
今まで、プログラミングだけに時間をかけられたのに、フリーランスになると、こういった細かい仕事が増えることから「忙しくなってしまった」という方も多いでしょう。
それだけ、フリーランスになると全て自分一人で処理をすることが必要となるため、仕事の範囲も増え、忙しくなってしまうということ。

このように、フリーランスの方は、細かい事務仕事なども自分で行っていくことが必要となるため、今まで以上に「忙しくなった」と感じる方も多くいます。
しかし、こういった事務仕事なども慣れてくると、スムーズに進めることが出来る様になり、忙しさも抑えることが出来るでしょう。